かき小屋 飛梅 神田西口店

写真

「三陸の海の幸が食べたい!」という人なら2014年9月にオープンしたばかりのこの「かき小屋 飛梅」がオススメ。東京の牡蠣小屋は広島産が中心だが、もともと仙台などで展開していた飛梅は、「生産者の見える食材」にこだわり、東松島や雄勝で採れた牡蠣を食べさせてくれる。

●三陸直送!かき小屋 飛梅神田西口店:生産者のご紹介

写真

場所は、JR神田駅西口から徒歩2分ほど。西口商店街に入ればすぐ看板が見えてくる。

写真

席数は88席と多めだが、割と早い時間から近隣サラリーマンが来ていたので、グループで行くなら事前に予約をしてから訪れたほうが安全だろう。

写真

メインは卓上炭火焼き。
焼き牡蠣は4個で1000円。他に帆立の浜焼き・石巻山のウニ、そしてホヤの味噌漬けなどが用意されている。

写真

他にも三陸の海の幸がいっぱい。
ランチもやっていて、かき飯セット(かきめし&かき汁&小鉢)は500円、石巻産のカキフライ定食は780円だ。

写真

今回はボランティア仲間のMさんと二人で。
お通しは鍋に入ったムール貝だった。

写真

まずは生牡蠣。
大粒!!!そしてびっくりするほど殻がきれいに磨かれつやつやだった。

写真

そしてMさんの提案で注文したのは、2,980円の「親方おまかせ大漁盛り」。内容はその時々の旬や仕入れ、あと他にそのテーブルで何を注文しているかなどをもとに、親方が決めるとのこと。

二人だと量多くなっちゃうかなと少し心配だったけど、そんなことなし。
牡蠣も巨大帆立も二個ずつ、それ以外も、両少なめで種類たっぷり盛り合わせてくれ、他に何も注文せず、これだけで十分楽しめた。

一品ずつ注文していくと、あまり種類頼めないと思うので、むしろ2~3人グループに向いているかもしれない。

写真

牡蠣はお店の人が焼いてくれるという。
産地を聞くと、女川の牡蠣とのこと。

写真

編みの上に蓋をかぶせて蒸し焼きにし、セットしたタイマーで時間を測り(確か5分)、その後スタッフがあけてくれる。

写真

牡蠣はやっぱりこれだよね!!!
何もかけず、このままいただいた。

写真

これはホタルイカの干物。
小さいのにきれいにまっすぐぴんと伸びた干物。

両面を軽く数秒ずつあぶっていただく。
実は予想していたよりずっと柔らかく、そして噛むと甘い。

写真

気仙沼の名物でもあるホヤ。

写真

味噌漬けにしたものを食べたのは初めて。

あと写真撮り忘れたが、イカが絶品!
ほんとにイカ?と思うほどに柔らかく、甘い!

写真

それぞれ自分の食べたいものを買ってに焼いて食べていく方式で。

写真

ポン酢や塩、マヨネーズにマスタードなど調味料もいろいろ用意されるので、好きなモノをつけながら。うっかり使いそびれてしまったけど、これは卓上にあったドレッシング的な何か。

写真

壁に「仙台のソウルフード」と書かれていた三角あぶらあげ焼き。
これは絶対に注文すべし。

単なる油揚げ焼きだと思うとびっくりする。

写真

そして、牡蠣に次ぐ今晩の主役は巨大帆立。
刺し身で食べてもいいものなんだけど、軽く焼いていただく。

写真

焼いてもこの大きさ!
四等分してもまだ食べごたえある大きさ。ひとつずつ大事に大事にいただきました。

美味しかった~!

写真

かなり満腹だったけど、最後に頼んだずんだ餅。
イメージしていたものをは全く異なり、薄皮の大福で中がぎっしりずんだ餡。

これも癖になる。
次にまた来た時も忘れずに食べたい。

写真

最後にスタッフのお兄さんにTシャツ後ろ姿を撮影させてもらった。

「私たちにできること、ひとつずつ、ずーっと」

大切だなと思う。

写真

また美味しい三陸の海の幸を食べに行きます!

●かき小屋 飛梅 神田西口店